2015年3月17日

基本から作品づくりまでしっかり学べる書道教室「東京書芸学園」を紹介!

習い事はいろいろあります。英会話にフィットネス、医療事務やネイルの資格もありますよね。
でも日本人ならまず身につけたいのが和文化、例えば書道です。

書道家の方も今テレビなどでたくさん活躍されています。さすがにあんなに大活躍は無理でも、
自宅などで自分の作品をちょっとおしゃれに飾ってインテリアというのもいいですよね。

そこで、まずは基本から習えそうな書道教室を調査してみました!

そこで見つけたのが東京書芸学園です。東京だけでなく大阪にもあるみたいです。
ちょっとHPから抜粋してみました。

★ ★ ★ 書 道 入 門 ク ラ ス ★ ★ ★

◎基礎から作品づくりまでしっかり学べます。
基本を身につけ、漢字の楷書、行書、草書及びひらがなの書き方の基本すべてを習得することが目標の書道教室です。
書道は長く続ければ続けるほど、書く人の持ち味が生かされる教室のひとつです。
生涯の趣味として作品作りに続ける楽しみ方も!!
また先生として人に教えることの楽しみ方も書く人によってさまざまな楽しみ方や目標を持っていただくことができます。

◎どんな内容を勉強するの?
新しい趣味として始める方もたくさんいらっしゃいます。
でも趣味だけにとどまらず、日常の中で書道を使う場面はたくさんあります。
年賀状や四季のお便りを毛筆で書き、押し花や書画と一緒に、旧友や恩師、恋人へ送る。そんなワンランク高い生活を書道で実現することができます。
印刷ではない手書きの文字を受け取ると心が和みます。素敵なあなたを表現してください。

◎誰でもできるの?
「筆なんて持ったことないよ~。」という方から、「小学校のときに習ったくらいかな」という方まで、基礎からじっくりと学習できます。
もちろん今も書道を続けているという方はすぐ応用編(⇒詳細)から入って頂くことも可能です。
お手本を参考にして自分のペースで学習が可能です。無理なく上達も早くなります。
少人数制なのですぐに先生に質問できるところも安心して学習できるポイントです。

◎授業の内容は??
書道入門はまずは楷書から書き始めていきます。慣れてきた頃に行書へ進む内容になります。その後、草書や漢字と仮名のまじった書き方を学びます。
中々覚えられない筆順も体で覚えていくので、人前で文字を書くのも得意になりますよ。
書の古典をお手本にするので、文字が上手くなるだけでなく、歴史ある知識や教養も一緒に吸収できるので「あなた力」がグングンアップします。

◎書道を学んだあとは何かできるの?
講座を修了したあとは、そのまま書道を教える先生を目指す方、作品作りのクラスで頑張る方、かなや書画クラスで学ぶ方、悠ゆう書道で絵や文字を自由にかいて趣味の幅を広げる方など、目的に応じて様々な講座をご用意しています。
書道は一生続けていくだけの裾野の広さと、伝統がありますので、自己表現、自己実現の手段として一生続けていくことのできるものになります。

ここなら作品も作れるし、書道から他のクラスにも進めるみたいですよね。
女性で通っている人も多いみたいだし、先生もやさしそうだし、ちょっと行ってみる価値ありそうですね♪